クズハラゴムのSDGsへの取り組み

持続可能な開発目標
(SDGs)の
実現に貢献します

「持続可能な開発目標(SDGs)」とは、2015年に国連サミットで採択された、持続可能でよりよい世界を目指すための国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを宣誓しています。

KUZAHARA GOMU

愛知県安城市のクズハラゴムは、豊富なゴムの知識と確かな技術力を磨きながら、世界が直面する課題解決に取り組む企業です。それぞれのゴールに対し具体的な目標を掲げ、よりよい社会の実現を目指す活動を推進しています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

クズハラゴム主な取り組み

クズハラゴム主な取り組み

従業員半数以上が女性!
女性スタッフの活躍

クズハラゴムは、男女比率が3(男性):7(女性)で、女性スタッフが活躍している職場です。2018年には「あいち女性輝きカンパニー認証」を受け、女性がやりがいを持ってキャリアを重ねていける企業として認定されました。製造や検査、事務など各部門で生き生きと働いています。

CO2フリーでクリーンエネルギーの活

CO2フリーで
クリーンエネルギーの活用

CO2フリー電気 購入契約証明書

クズハラゴムの製造工場では、CO2フリー電気を活用しています。CO2フリー電気とは、主に再生可能エネルギーから発電されるクリーンエネルギーで、地球温暖化の原因といわれる二酸化炭素を排出しません。安全で環境に配慮した工場で、ゴム製品を製造しています。

QCサークル活動で 継続的な改善と成長

QCサークル活動で
継続的な改善と成長を

クズハラゴムでは

クズハラゴムでは、日々のQCサークル活動で自ら考えて行動する実行力を身に付け、年に1回開催するQCサークル活動や創意工夫の発表会に向けて、個人の働きがいを追求しています。継続的な品質向上への取り組みが、企業としての経済成長につながっています。

あらゆるニーズに対応! 自社設計のマスキング治具提案

あらゆるニーズに対応!
自社設計のマスキング治具提案

クズハラゴムは、自社設計による多種多様な形状のマスキングゴムを製造しています。ゴムという素材の特性を最大限に活かせるよう、常にアンテナを高くし最新の技術を身につける努力を続けてきました。あらゆるお客様のニーズに対応できるよう技術革新に磨きをかけています。

マスキングテープ消費の 削減への貢献

マスキングテープ消費の
削減への貢献

マスキングテープは、自動車部品、航空機器部品

マスキングテープは、自動車部品、航空機器部品、住宅設備部品などあらゆる部品の製造工程で使用される使い捨ての消耗品です。クズハラゴムが製造するゴム製のマスキング治具を提供することでマスキングテープの消費を削減し、ゴミの減少に貢献しています。

LED照明採用での 省エネルギー対応

LED照明採用での
省エネルギー対応

クズハラゴムの工場はLED照明を採用しています。

クズハラゴムの工場はLED照明を採用しています。一般的な工場では水銀灯が使われることが多いですが、2020年に発行された水銀灯の製造・輸入禁止の規制を受け、照明器具の切り替えを実施しました。電気消費量を大幅に抑えられるLED照明の導入により省エネルギーを実現しています。

異業種連携での 製品開発

異業種連携での
製品開発

クズハラゴムは、様々な業種の企業と連携し製品開発に取り組んでいます。塗装用のマスキング治具、防振ゴムやクッションゴム、自動車や航空機器部品の製造、電柱に設置する塩害対策ゴムなど、あらゆる分野の製品を手掛けパートナーシップを強化しています。